読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ひとりメディア』

ためになります!

『昔のAV女優インタビュー ~このAV女優さんは、だ~れ~だ?~ 第60回』

 ふたりめの淫乱妹系は●●●●ちゃん(20)のご登場! ねえ、赤ちゃんはどうやったらできるの?

「小3のある真夜中のこと。怪しげな声に、私は目が覚めました。当時、二段ベッドの上が私、下が妹で、両親はベットの横の布団で寝ていました。最初、妹が悪夢にうなされているのかと、下をそっと覗き込もうとしたら、親がめちゃめちゃ正常位でHの真っ最中。しかも、仰向け状態の母と思いっきり目が合っちゃって、慌てて寝たふりを」

 夜の夫婦プロレス観戦!

「翌朝、『昨日のこと覚えてる?』と母に聞かれ、『え、何のこと?』ってとぼけたら、『ちゃんと起きて、トイレに行ったのよ。さすがお姉ちゃんね』と褒められましたね。ちなみにその10ヶ月後に、末っ子が誕生(笑)」

 今明かされる、出生の秘密と初体験の秘密!

「初Hは高1の春、相手は20歳の大学生で、場所はカレの実家。前戯一切なしで、パンツもまともに脱げていない状態のまま、マ●コにローションを塗られて即挿入。後日、地元でピカイチの処女食い男と判明…。粗チンで超早漏のくせに!(怒)」

 なあ、小泉の純ちゃんよ、やっぱ処女は配給制だよ!

「その後すぐ付き合った、1コ上の先輩はちゃんと前戯アリ。それだけでもう大感激なのに、初クンニまで。マングリ返しの格好がちょっと恥ずかしかったけど、とってもうれしかった。でも、チ●コはイマイチ」

 ユーはアレだね、ペニスに私情を挟まないタイプだね。

「3人目のH相手は高1の秋に、同級生の女のコと。私が授業をサボって、空き教室で寝てたら、『ねえ、何してるの?』って急にそのコが現れたの。『え、ヒマだから、お昼寝』と答えたら、『じゃあ、しない?』って。素朴なコで全然そんな素振りもなかったから、超びっくり。なんかその場のノリで、私もついつい『うん、しよ!』と…」

 トン・トン・レズ拍子~! で、69クンニとかしたの?

「いや、レズ処女同士だったから、おっぱいを揉み合ったり、お互いの乳首をペロペロしながら、手マンし合うのが精一杯でしたね」

 女子高生の無駄使いはやめろ。コレこそ、民営化だ!

「高2の夏に25歳の会社員とお付き合い。無駄にカッコいいけど、チ●コは私の親指サイズ。勃起しても普通の状態と同じ大きさで、違いは柔らかいか固いかだけ。合うサイズのコンドームもないから、いつも生挿入の外出し」

 ええ話やなあ~。

「でも本人は全然気にしてないの。それどころか超Sキャラ。言葉責めが大好きで、『早く大きいのをブチこんで欲しいんだろ、このメスブタ!』とかノリノリで言うわけ。だから、私も『ああん、いじわる。熱くて、固くて、…大きいのを、早くちょうだ~い』とおねだり」

 まさに男と女の真の友情だ!

「でも、『ほら、奥までブチこんでやったぞ!』と激しくピストンされても、入っているのか入っていないのかすらも…。無反応でいたら、『おい、ヒ~ヒ~言えよ。まさか不感症か、このメスマグロ!』と叱られました」

 まさに、次期総理の器!

「高3の冬に付き合った、20歳のフリーターは、普通の状態でも歩き辛そうなくらいの巨根。勃起すると長さは500㍉のペットボトル以上、太さは女のコの手首くらい」

 聞か猿・聞か猿・聞か猿!

「そんなのを全部挿入されたら、アソコが壊れちゃうから、巨根の根元にタオルをギュと巻いて、『絶対、コレ以上入れないでね』と厳命」

 チ●コハチマキ!

「私のアソコ、奥行きがないから、騎乗位だと胃まで届きそうでホント怖かったなあ」

 デカチンとノドチンコがゴッチンコ♪

精子の飛びも半端じゃない。正常位でHしてて、『ああ、もうイキそう。陰毛に出すよ』って外出ししたはずが、ビュ~ンってザーメンが私の頭を超えて飛んでいくの」

 ザー汁界の鳥人ブブカ

「『何でそんなデカイの?』って聞いたら、『3歳の頃、全裸で階段から落ちて、チ●コがズルムケになるくらい大怪我したんだよ』と。嘘か本当か、小さい頃にムケると大きくなるみたいですよ」

 一流アスリート同様、デカチンも早期英才教育の賜物って話でした。ハイ、撤収!

 

*昔(2005年)、某誌で連載していたAV女優インタビューです。伏字にしたAV女優さんの名前をどうしても知りたがり屋さんのエロい人は以下の『note』のノートか、マガジンへ急げ!  

 

note.mu

 

 

note.mu