読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ひとりメディア』

ためになります!

『昔のAV女優インタビュー ~このAV女優さんは、だ~れ~だ?~ 第57回』

■「昔のAV女優インタビュー」 ■「note編」 ■「ネット副業11年目日記」

 巨乳痴女系ひとりめはGカップの●●●●ちゃん(21)で~す。ねえ、早くHなマニフェストを教えて!

「小3の頃から、思い立ったらその場でオナニーっコだった。授業中もコッソリ、胸やアソコをイジっちゃうの」

 オナニー学級崩壊!

「当時の悩みはおっぱいが小さいこと。早く巨乳になりたくて、先生にバレないように胸を重点的にモミモミ。そのおかげで、中学入学時には見事Dカップに!」

 公約通り、性策大成功!

「その頃、下の毛も生えてきたの。パンツから生えかけの毛が飛び出すのがなんか許せなかった。母に相談したら、『じゃあ、ちょっとマ●コを見せてみなさい』と…」

 コーマン大先輩の理不尽な命令は絶対です!

「母の前でM字大開脚をさせられ、アソコの下にド~ンと鏡を置かれて、じっくり観察された。その後も定期検診っぽく何度か同じことを…」

 娘の小娘を見て、“まだまだ私の方が黒いわ”ってホッと一安心の淫水焼け!

「中学時代は部活が終わると女友達に『今日の生巨乳見せて』とせがまれて、よくおっぱいを見せてた。他の子も順番にポロン。女同士で厳しく乳首の色とかを観察して、『この子、最近黒いわ。勝った!』とか思うわけ」

 放課後のパイオツ&ビーチク女子中学生ショー!

「中2の冬、近所の50歳過ぎのおじさんの車に乗せて貰う機会があって、そん時にちょっといけない行為を。いきなり初チューと初乳揉みを奪ったおじさんが、真剣な顔で私の手を強く掴んで…」

“会いたかった。おじさんが本当のパパだよ”って?

「違う!『触っていいよ』とテント状態の股間の上に私の手を置いたの。普通に触ってたら『もう出そう~』って生チ●コを取り出したの」

 子供は見ちゃ、ダメ~!

「50代なのに超ギンギン。極太の根元を握り締めてたら、『自分ばっかりズルイぞ』と私のパンツの中に手を突っ込んで、ハードなクリ攻め。軽く膣に指入れしてきたから、さすがに腰を引いて逃げた。まだ夕暮れ時で、近所に路駐した車の中だったから、さすがにそこまでで終了」

 デカチン地区撤退、万歳!

「初Hは高1の夏、相手は25歳の会社員。最初は私が10コも下を気にして、『無垢な少女を汚せないよ』って超躊躇ってたの。途中から我を忘れて、『俺が中1の時、君は3才児かぁ~』と薄ら笑いを浮かべながら、ねちっこい愛撫。私も負けじと、さりげなく腰をクイクイと上げて、初クンニを誘ったりしてた(笑)」

 クンニ漁!

「ちょうどこの頃、家のタンスでコンドーム付きのバイブを発見したの。たぶん、お母さんのだなあと思いながら、全裸になって挿入…」

 バ、バイブ風情が親子丼達成か…負けた、完敗だ!

「最初、正常位の姿勢で試したけど、なかなか入らず失敗。次、騎乗位でヨイショとバイブに思いっきり跨ったら、奥まで入り過ぎたのか、全然抜けなくなっちゃったの…」

 バイブDE膣痙攣!

「その状態でしばらく悩んでたら、パッといい考えが浮んでお風呂場に直行。指輪が外れない時、石鹸をつけると簡単に抜けるから、その要領でバイブに石鹸を塗りながら、ゆ~っくり引っ張ったら、スポ~ンと抜けたの!」

 まさに下克上!

「それ以来、自分でバイブを挿入できない体に…。顔とかが書いてある、大きいバイブを見るともう緊張しちゃって、キュッと膣が締まるの」

 レアなトラウマ!

「高2の冬、同級生のカレと初地下鉄H。たまたま、“ある時間帯の2駅間だけ、乗客がほとんど乗ってこない地下鉄の車両”を見つけたの。誰もいないから、座席に片膝をつき、制服のスカートをめくり、パンツをちょっとずらし、立ちバックでイン!」

 ちゃんと靴、脱いだ?

「(聞こえてない)地下鉄だから、窓にHしてるシーンがバッチリで燃えた。外出し派で遅漏なカレも大興奮。すぐイキそうになって、『今日は早漏かも』ってチンポを抜いたの。慌てて亀頭を強く握ってあげたけど、指の間からダラダラ~とザーメンが溢れ出ちゃった」

 発射ノ~オ~ライ!

 

 

*昔(2005年)、某誌で連載していたAV女優インタビューです。伏字にしたAV女優さんの名前をどうしても知りたがり屋さんのエロい人は以下の『note』のノートか、マガジンへ急げ!  

 

note.mu

 

 

 

note.mu