読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ひとりメディア』

ためになります!

『昔のAV女優インタビュー ~このAV女優さんは、だ~れ~だ?~ 第51回』

 長身G巨乳系ひとりめは身長171㌢の●●●●ちゃん(23)で~す。 夏のイケナイ秘密話を教えて!

「小3の夏、近所の林の中で雨に濡れた大量のエロ本を発見。破れないようにそっとめくりながら、もう大興奮! ふと気付いたら、その場でエロ本の通りにクリトリスをイジったり、まだぺったんこだったおっぱいを無理矢理引っ張っぱってました(照)」

 初野外オナニーが小3! 小学セックスデビューが期待できそうな逸材ですな。

「…初Hは高1の終わり、相手はバイト先のレストランで知り合った、3コ上のフリーター。閉店後にそのお店でバイト仲間と飲み会してる時に、酔った勢いで厨房でヤッちゃいました」

 あっちゃ~、まんまと料理されちゃった?

「みんなにバレないようチュチュだけして、立ちバックで速攻挿入。しかも、ガタッて物音がしたから、途中中断のスピーディな初体験(笑)」

 不発精子の処理は?

「翌朝、ラブホでヤリ直しを。ちゃんと前戯もしてくれたんだけど、ラムネのビンの先っぽも挿入されたの。私は初めてだから、『ああ、これも前戯なんだ』と納得(笑)」

 ビンでマン汁採取?

「ビン入れはカレの趣味みたい。最初はHの最中にビンを突っ込んで満足してたんだけど、そのうち私がふと目を覚ますと、ひとりでマ●コにビンを押し込んで喜ぶような男に…。なんか面倒くさいから、『ま、いいや』と私は二度寝

 女子高生なら、元気ハツラツ、オロ●ミンビ~ンタ!

「この頃、両親が出掛けた休日の昼間に1階のリビングの窓を開けて、よくオナニーしてた。ちょうど庭の木に隠れる位置なんだけど、誰かに見られているかもってスリル感にゾクゾク」

 窓際女子高生!

「そしたら、あるオナニーの時に電話が掛かってきたの。『…ハイ』って出たら、『今、どんな格好してるの? っていうか全裸でしょ?』とか言われて、もう超ビックリ」

 全裸オナニーだったの?

「『違います!』って慌てて電話切ったけど、大正解! しかも、私がちょうどオナニーを終えて、フ~って立ち上がったタイミングで電話が鳴ったから、一部始終を覗かれてたの…」

 ちゃんと礼儀をわきまえた、立派なデバガメじゃん。

「高校卒業後、OL1年目の春に15歳上の上司がセフレに。超ハードSで、ドライブ前にパンストとローターを私に渡して、『顔にパンストをかぶって、ローターオナニーしろ』と厳命」

 部下に厳しいタイプだね。

「パンストをかぶって醜く歪んだ顔が燃えるみたいで、カレはニヤニヤ笑いながら、ローターを強に。私も自然にパンストかぶると興奮しちゃう体に…。特に高速道路で窓を全開にすると、パンスト越しの風が超キモチいいの」

 おい、オービス、シャッターチャンスだぞ!

「会社ではよく内線で会議室に呼び出された。カレは無言で制服の上から身体中をまさぐって、『誰か来るよ』って拒む私をレイプっぽく犯すの。後、残業タイムに会社の屋上の物陰でセックスしては残業代稼ぎ(笑)」

 労働者のエロ知恵!

「その後すぐ付き合った、24歳の会社員もド変態。ひたすら汗ばんだところをクンクンする匂いマニアで、おいしそうに腋の下や足の指をペロペロ。でも、カレが一番好きだったのは舌の匂い」

 舌は唾液の匂いでしょ?

「なんかプロは唾液の匂いの奥にある、えも言われぬ舌の匂いを嗅ぎ分けられるみたい。いつも私に舌だけ出させて、その匂いを嗅ぎながらシコシコして勝手に暴発…」

 変態以外の男もいる?

「22歳の頃、アメリカに語学留学した時にHした28歳のメキシコ人は情熱的な人。バックでガンガン突きながら、『ファックファック(訳:性交性交)』、『ビッチビッチ(訳:サセ子サセ子)』ってずっと絶叫。私はスパンキングされながら『洋ピンみたいだよ、コレ』とちょっと感動」

 他には、どんな国際交流?

「23歳の台湾人は超せっかちピストン男。私が帰国して、遠距離恋愛になってからは、パソコンを駆使してTV電話セックス。カレに『プッシー見せて』と言われたら、手元のカメラを動かしてアソコのドアップ。その映像を見ながら、せっかちオナニーするカレの姿をモニターで眺めながら私もマ●コイジリ。カレ、いつもキーボードにフィニッシュして大慌て(笑)」

 グローバル相互遠隔鑑賞オナニー時代が到来!

 

*昔(2005年)、某誌で連載していたAV女優インタビューです。伏字にしたAV女優さんの名前をどうしても知りたがり屋さんのエロい人は以下の『note』のノートか、マガジンへ急げ! 

 

note.mu

 

 

note.mu