読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ひとりメディア』

ためになります!

『昔のAV女優インタビュー ~このAV女優さんは、だ~れ~だ?~ 第49回』

 ギャル系ひとりめは●●●●●ちゃん(19)で~す。ねえ、ナプキン派、それともタンポン派? 超気になる~。

「え、普通にタンポン処女です。私、Hするまでアソコに穴があること知らなかったの。だから、女のコの日にはナプキン片手に『生理の血はどこから来るんだろう? オシッコと一緒に出てくるのかなあ。…血尿?』って超疑問&難問(笑)」

“少ない日も心配♪”じゃん!

「初体験は中3の夏、相手は学校一のワルで、チームのヘッドだった同級生のカレ。もうヤリチン・デカチン・ズルムケで、初貫通はあり得ないぐらいの激痛と出血が…。終了後、足が全然閉じられなくて、歩き方が超ぎこちない感じ。帰宅後、ママに『いつからガニ股になったの! …そんなコに育てた覚えはありません!』と速攻バレバレ」

 やっぱ、ヘッドクラスだと夜もガンガンノーヘル?

「はい、ノーヘル、無免、信号無視…」

 イケイケ違い! つまり、ヘッドのヘッド頭は避妊してござったか?

「うん、超避妊。なぜか生を怖がってて、ゴムしてるのにいつも外出し。でね、コンドーム集めが趣味だったの」

夜露死苦(ヨロシク)”、“仏恥義理(ブッチギリ)”って書いてあるゴム収集?

「『ヤルな、オカモト。いい仕事しやがって。半端じゃねえよ、薄いぜ…』と半泣き(笑)。後は蛍光色とか匂いつきとかイボイボとか、かな。なんか大人のおもちゃマニアで、エナメル靴の空き箱にローターやバイブがゴロゴロ。他にはピンクのホニョホニョした、チ●コを入れる用のこんにゃくみたいな…」

 オナホールだ!

「ある時、『ちょっと手伝え。…おい、そっとだぞ。ゆっくり入れろよ』とオナホールにチンチンを挿入して、上下に動かすお手伝いを…」

 中3女子生ホールを目の前に…ちきしょう、超セレブ自慰(女子中学生の補助つき)じゃねえか!

「今思うとかなり失礼ですよね。しかも、オナホールの時は生(怒)。でも、前戯が長くて、手マンやローターで絶対イカせてくれたの。学校が終わると、カレの家に直行。夕方4時にはHスタートで、カレの両親が帰宅する夜8時までほとんど前戯タイム」

 帰宅部の童貞がアニメの再放送をひとり楽しむ夕暮れ時から…ふしだら中坊!

「高2の夏に付き合った、1コ上のカレシは超早漏。前戯ほぼゼロで挿入して“自分だけ満足すればいいやピストン”をたったの10分へコへコしただけで、即発射(怒)」

 1分超えたら、立派な遅漏! この早漏知らずの小娘め!

「いつも即入れだから、『そのまま入れたら痛いよ』と文句を言ったら、『きと戦国武将はクンニなんかしなかったぜ』って唾を手にペッペッして、マ●コになすりつけてIN…」

 家康とかクンニラーっぽいけどね、意外と信長も…。

「高3の冬に22歳の会社員のカレシができて、フェラ好きに。私、歯磨きをする時にのどの奥まで歯ブラシを突っ込んで、オエッとなるのが昔から好きだったの。そのカレが細長いチンポだったから、ちょっと試してみたら超オエッとなって、もうそれから快感、やみつき(笑)」

 エ~、フェラ中にオエッオエッってえずくの? でも、女子高生かぁ~…OK!

「この頃の私、超ガツガツしてて、暇さえあれば『Hしよ』攻撃。したら、このカレシに『なあ、俺は単なる棒か? お前の性欲処理の道具じゃないんだ!』って怒られちゃった…」

“男は棒、女は穴”、大正解!

「しかも私、膣にチ●コをズボズボされながら、自分でクリトリスをローター責めしないとイケないタイプなの。いつも、私とカレとローターの3P(笑)。挿入中のカレシもローターの振動でキモチいいくせに『ピストンの邪魔だ!』ってローターをライバル視」

 こりゃ、人間様に勝ち目はねえな。

「高校卒業後すぐに付き合った、34歳のバーテンはすっごい変態。トイレでウンコするたびに私を呼びつけて、行為を見せつけるの。私も臭いの嫌いじゃない方だから、ガン見(笑)。もちろん、私の行為もバッチリ見学されたよ。だから、トイレでの会話が結構多かったなあ」

”あ、昨日、コーン食べたでしょ?”、”あ、やっぱ分かるぅ~?”なんて?

「違います! 普通の世間話から、『好きだよ』、『私も…』なんて甘い会話まで。そういう時のカレって、とってもロマンチストだったの」

 じゃあ、“君のトイレットペーパーになりたい”って愛のペロペロ活動も?

「私が『そろそろトイレ行きたいな』とか言うと、カレが私のアナルの匂いをクンクン嗅いで、『あ、これはもう出るよ、急げ!』なんてのはありましたね(笑)」

 ウンチの話ばっかりだね。

「オシッコもガブガブ飲んでくれたよ。夜のオシッコの味は濃くないといけないみたいなんだけど、私のは薄かったらしく『食生活に要注意!』とアドバイス(笑)」

 小便アドバイザー!

「後、カレはアナル拡張済みだった。ベッドの上でチングリ返しになって、『見て見て』と大きいバイブを出し入れ。体勢がつらそうだから『ねぇ、手伝おうか?』って聞いたら、『気持ちはうれしいけど、人にはそれぞれ好みの挿入角度があるからね』とキッパリ男らしいの~」

 これからの時代、男らしさはアナルに串刺したバイブのデカさでアピールだ!

 

 

*昔(2005年)、某誌で連載していたAV女優インタビューです。伏字にしたAV女優さんの名前をどうしても知りたがり屋さんのエロい人は以下の『note』のノートか、マガジンへ急げ! 

 

note.mu

 

note.mu