読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ひとりメディア』

ためになります!

『昔のAV女優インタビュー ~このAV女優さんは、だ~れ~だ?~ 第40回』

 さあ、ふたり目の淫乱妹系は●●●●●ちゃん(21)のご登場! ねえ、ヒダヒダのカラーを教えてプッシー!

「オナニーは小4デビューで、その頃はパンツの上からイジイジ派。でも、ヤリすぎると真っ黒になると思ってたから我慢、我慢のコだった。初Hの時に『まだ子供のくせに、随分使い込んでるなあ』とか思われると恥ずかしいから…」

 ピンク・ワレメの杞憂!

「私、昔から銭湯が大好きで、おばあちゃんたちのアソコをいっぱい見てきたの。年季の入った、ドス黒いモノを…。『どうしてあんな色になるんだろう? …分かった、オナニーをいっぱいしたからだ!』って結論に」

 オナニー焼けが怖くて、ベスト自慰ニストになれるか!

「指入れも怖くてできなかった。当時は、処女膜が障子みたいに膣の入口に張ってあると思ってたから。ブスって指で破ると、血がブワ~とあふれだすと信じてたの」

 今、全国各地の童貞が“へえ~”ボタンを連射してるよ。

「そんな私も17の夏に初フェラ。男女10人で公園飲みしてたら超酔っ払って、ふと気付いたら同級生のチ●コをナメてたの。そのまま口内射精も初経験。慌ててペッと手にザーメンを吐き出して、水道でジャバジャバ洗った記憶がかすかにあります」

 大変よくできました◎。

「初Hは高3の春、相手は3コ上のフリーター。最初から二股かけられてて、初体験後にすぐフラれたの…。もう超ショックで、どんなHだったとかチンコの大きさとか全部キレイに忘れました(泣)」

 同時目撃者の乳首やクリが話せれば、よかったのにねえ。

「その後、すぐに3P体験。メンツは私と女友達と道を聞いてきた22歳の大学生。道案内してたら、なんかその場のノリで、ラブホで3Pに。女友達が遊んでるコだったから、まずカレのデカチンをダブルフェラ」

 今後、日本各地で女子高生2人組に道を聞く男が激増!

「カレの乳首もふたりで仲良くナメナメ。“どっちが先に入れるか”じゃんけんに勝った私からまず挿入。でも、すぐに激痛が走ったから、ピストンを途中中断して、選手交代。トイレに駆け込んだら、アソコから血がブワ~と垂れてた。『ああ、まだ処女膜が残っててよかった』と大感動」

 念願の障子破り! じゃあ、記憶にない初体験の二股男とは“未遂 or 粗チン”だったんだね。

「そんな感慨にふけってたら、部屋からアンアン叫ぶ声が。しばらくトイレ待機して、静かになったのを見計って扉を開けたら、女友達が必死に金玉ナメの真っ最中。私も途中参加で片金ナメ(笑)」

 ちなみに、もう一枚の障子はいつ破られたの?

「初アナルは19歳の時、相手は35歳のSMクラブの店長。その頃、M嬢にスゴく憧れてて、興味本位でSMクラブの面接に。そしたら、店長に『SMは芸術だから、今すぐ研修しよう!』とか言われて、そのまま近くのラブホへ」

 芸術は研修だ!

「まず目隠しと猿ぐつわをされて、M字開脚で手足をきつく縛られたの。『うちのお店は本番NGだけど、ほら、今日は研修だから特別ご褒美ね』って身動きできない私におざなりな前戯をして、アソコに即挿入。バックの体勢に転がされて、パシパシとスパンキングまで…」

 研修芸術、怖い…。

「スポってチ●コを抜いてくれたから、ようやく発射かとホッとしてたら、メリメリメリといきなりアナル初挿入。もうびっくりするほど超痛くて、声すら出なかったの!」

 猿ぐつわ中、猿ぐつわ中!

「そのままアナルピストンされて、『せめて、マ●コにして~』と思ってたら、またスポっと抜いてそのまま、また前の穴に…」

 芸術、芸術! 研修、研修…?

「鬼ピストンでようやく顔射してくれて、すべてが終わったと思ったら、『じゃあ、次はウンチしてみようか。ほら、そういうお客さん、多いから練習、練習』と。意識朦朧だった私は言われるまま、トイレで頑張ったけど、ムリでした…」

 して、採用の合否は?

「『じゃあ、明日にでも連絡します』って言われたけど、それっきり音沙汰ナシ。もう私のアナル処女を返して!」

 う~ん、さすがSM、奥が深くて、アナル泥棒!

 

*昔(2005年)、某誌で連載していたAV女優インタビューです。伏字にしたAV女優さんの名前をどうしても知りたがり屋さんのエロい人は以下の『note』のノートか、マガジンへ急げ!

 

note.mu

 

 

note.mu