読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ひとりメディア』

ためになります!

『ネット副業11年目日記 「目指せ、アルファアフィリエイター! アマゾン編 第24回」』

■「アマゾンアフィリエイト編」 ■「ネット副業11年目日記」

■漫画『ノ・ゾ・キ・ア・ナ』4巻のネタバレ!設定とあらすじの解説&感想

 

 

[http://:title]

 

 

 

 まずは漫画『ノ・ゾ・キ・ア・ナ』のネタバレ設定から解説しようそうしよう!

 

 ある春のこと。花の都・大東京さのデザイン専門学校へ通うため、ド田舎から単身、一旗揚げにきた城戸龍彦(キドタツヒコ 18歳 ヤリたい盛り)が主人公である。

 

 ちなみに、城戸龍彦(キドタツヒコ)の「タツ」は、チンコが「タツ」にかかっています、単なる「男の勘は鋭いのよ」ですが。

 

 だもんで今後は、主人公の城戸龍彦のことを「おちんぽタッちゃん」、略して「タッちゃん」と呼びますのであしからず!

 

 んで、初めての一人暮らしで、ドキドキワクワクな新生活が順調に始まったかに見えたが、タッちゃんには1つだけ気になることが…。

 

 なんと部屋の壁に小さな穴が開いていて、時々、その穴から熱い視線を感じるような気がすること。…ケッ!

 

 そんな腰抜け野郎がダチ公と部屋飲みしたある晩のこと、ふと気づくと小さな穴から光が!

 

 タッちゃんが恐る恐る覗きこんでみると、なんと向こう側からも、女性らしきが覗き返してくるじゃありませんか!?

 

 紹介します、覗き女の正体は隣の部屋に住む、生野えみるちゃんです! 18歳です! タッちゃんと同じデザイン専門学校に通う同級生です!

 

 あるある~。…ねえよ! ってのはまだ早い! 

 

 更になんと、えみるちゃんがタッちゃんに、お互いの部屋をつなぐ小さな穴から、「自分見せ合いっこ、しませんか?」って大胆な提案をしてきたのです!

 

 エロルールは簡単、「相手を覗く権利は一日交替」、「それ以外ではなるべく関わりをもたない」、以上!

 

 さあ、小さなノ・ゾ・キ・ア・ナで結ばれた若い男女のノ・ゾ・キ・ア・イは果たして、この先どう発展家するのか!?

 

 

 では、そろそろ、こんなエロ設定の漫画『ノ・ゾ・キ・ア・ナ』4巻のあらすじの解説に、いざ、参らん!

 

 えみるちゃんが高畑を受け入れ始める。

 

 その様子を覗いていたタッちゃんはシコシコ覗きに夢中になって、ついうっかり約束のデバガメタイムを過ぎてしまい、後からルール違反としてえみるちゃんに罰を与えられる。

 

 とそこへ、週末にも関わらず琴引友里がタッちゃんの家を訪ねてきて、間女えみるちゃんはお風呂場へ!

 

 突然現れた友里をうれしく思うタッちゃん。そして、「覗き合いのルールを友里に言わないで!」とえみるちゃんにお願いするが、あまり芳しくない反応でござる。

 

 さて、そんな修羅場を切り抜けて、専門学校の研修旅行にやってきたタッちゃんは、えみるちゃんの覗き視線がない環境にホッとする。

 

 夜更けに部屋を抜け出し休憩スペースにやってきたタッちゃんは、同級生の小森千里と出くわす。

 

 そして、誘われるまま別室に移動するチン軽タッちゃんは、だまし討ちにあい、意識朦朧に…。

 

 せっかく千里に弄ばれるチャンスを、えみるちゃんに邪魔される。

 

 逆レイプを邪魔した恩人えみるちゃんになぜか「俺のこと、どう思う?」と重い女みたいなことを聞くタッちゃん。

 

 どうせ、えみるちゃんがいつものようにはぐらかすと思ったが、「愛していますよ」だってさ。

 

 さて、その後、大げさに悩むタッちゃんを心配した寺門巻子が学校の名簿から、タッちゃんとえみるちゃんが同じアパートのお隣さん同士であるにことに気付いてしまう。

 

 えみるちゃん家に確認に向かった巻子は、自分の秘密をえみるちゃんに知られてしまう。お互いの秘密をエサにし、えみるちゃんは巻子の気持ちを受け入れる。

 

 チャッカリその様子を覗いていたタッちゃんだったが、途中から覗き穴は塞がれてしまい、気になる続きは次巻へ!

 

 

 こんなあらすじの『ノ・ゾ・キ・ア・ナ』4巻の感想は、相変わらず主人公特権でモテまくるタッちゃんが、すぐにやっすい悩みを抱えるところがムカつくに尽きる。

 

 早いところ、えみるちゃんとヤッちゃえばいいのに。まあ、それはそれでムカつきますけど、どうでもいいっちゃ、どうでもいいですね。

 

 

[http://:title]