読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ひとりメディア』

ためになります!

『昔のAV女優インタビュー ~このAV女優さんは、だ~れ~だ?~ 第30回』

 さあ、ふたり目の妹系は●●●●●ちゃん(19)のご登場! まずは春なので、春っぽい話から、どうぞ!

「小さい頃からオナニーする子供っているじゃないですか。私はそういう子供でした、2歳の頃から」

 小さい春、見~つけた!

「Hなことって意識は全然なかった。タオルケットを全身に巻きつけて、うつぶせ状態で股間にタオルケットを擦りつけ、ひたすらモゾモゾする子供でした(笑)」

 じゃあ、タオルケット以外と初めてHしたのはいつ?

「初Hは中1の夏で相手は中2の先輩。最初、正常位でなかなか入らなかったら、『オレが昨日見たAVだと、バックが簡単そうだったぞ』って、いきなりいろんな体位を試すようなAV好きの男」

 セックスは自分でコンドーム代くらい稼げるようになってからの約束でしょ!

「大丈夫、クラスの有志で百円ずつ出し合って、コンドームを1箱買って、みんなで一つずつ分け合っていたから」

 中●生日記の世界!

「Hする場所もあんまりないから、真夜中になると2階にあった私の部屋に、カレがよく夜這いしにきてました、3年間近く」

 出た、通いの穴泥棒!

「口癖が『セックス!セックス!』の人だったから、いつも私はスカートの下に体育の短パンをはいてました」

 短パン? 女子中学生らしく、ブルマをはきなさい!

「野外セックスする時はその短パンを脱いで、汚れたり、痛くないようにお尻の下に敷くの」

 その短パンにトラバーユしたい!

「生理でHできない時は学校の屋上で45分間、仁王立ちフェラとかさせらました。もうアゴが超痛くて…」

 その半端な時間、さては授業をフェラさぼりしたな!

「1回、カレが間違えてアナルに挿入したことがあって。超痛くて『お願い、抜いて』って頼んだのに、『3秒だけ時間をくれ』って10秒くらい滞在された。それから口癖は『アナル!アナル!』に…」

 クソ、中坊の分際で。そんな野郎ポイしなさい、ポイ。

「高1の時に高校を中退して、秋田から上京。そこから不倫3連発…」

 東京フリンストーリー!

「ひとり目の不倫相手は28歳の会社員で、私はまだ16歳。付き合ってしばらくした頃、東京タワーに呼び出されて『ホラ、夜景がキレイだろ。ホラ、実は結婚してます』って告白されたの。初めての東京タワーだったのに(泣)」

 トラウマタワー、333㍍! で、東京男のHはどう?

「もうすごかった、挿入したら即発射の超早漏

 てやんでぇ、こちとら、江戸ッコでぇ~い!

「でも正しいフェラとか騎乗位を教えてくれたの」

 フェラ教育はともかく、騎乗位教育はムリでしょ、ソーロー先生には。

「だから、入れては抜いて『次は前後に揺する』、また入れては抜いて『今度は膣の奥を締めながら、ピストンいってみよう』って感じで、ちょっとずつ教えてくれたの」

 頭のいいソーロー先生だね。

「でも早漏の方がいい。あんまり長いと集中力が切れて『いいとも、終わっちゃうよ』とか、ついつい他のことを考え出しちゃうから」

 ながらセックス及び、真昼間から交尾をするな!

「次の不倫相手は33歳の映像関係の人。いつもHは同じラブホの全面鏡ばりの部屋ばっかり。超ナルシストで腰振ってる自分の姿を鏡で見ながら、『ああ、今日のキミも素敵だよ』ってひとりで喘いでた(怒)」

 16歳の小娘はまともな不倫のひとつもできんのか!

「3人目の不倫相手は私が17歳の時に付き合った、25歳の会社員。深刻な顔で『妻が協力してくれないから、若いコのオナニー姿がみたい』って頼んできた。仕方ないからして見せてあげたら、ひとりでうれしそうにゴシゴシ」

 例のタオルケットオナニーを見せてあげたの?

「ううん、恥ずかしいから普通のオナニー」

 自分のオナニースタイルに誇りを持て! オレは毎晩、体育座りオナニー派だ!

「そういえば、17歳の頃、夜道を歩いてたらずっと後ろをつけてくる人がいたの。脅かしてやろうと思って、突然後ろを振り向いたら、『ワッ!』って驚いたダミ声と一緒に、思いっきり足に精子をかけられた…」

 尾行オナニー派ですな、変態ですな、犯罪ですな。

「後、この前、普通に道を歩いてたら、いきなり後ろからお尻を鷲掴みにされたの。『キャ!』って私が振り向いたら、アハハって笑いながらスキップで逃げていく変態おじさんに遭遇…。もうサイテーだった、キャ!」

 アハハ(もちろん変態スキップでご退場~)。

 

*某誌で連載していたAV女優インタビューです(2005年)。伏字にしたAV女優さんの名前をどうしても知りたがり屋さんのエロい人は以下の『note』のノートか、マガジンへ急げ!

 

 

note.mu

 

 

note.mu