読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ひとりメディア』

ためになります!

『昔のAV女優インタビュー ~このAV女優さんは、だ~れ~だ?~ 第25回』

 妹系、ひとり目は●●●ちゃん(19)で~す! イ、イタズラしたい程、カワイイ~。

「中1の昼下がりに変な電話が掛かってきたの。『私、下着買い取り専門店の社長で、決して怪しいものではありません』って」

 絶対に●ちゃんに恋する、童貞同級生のイタズラだよ。

「ううん、おじさんの声だった。『お嬢ちゃんは年いくつ? お小遣い困ってない? いいバイトあるよ』ってしつこく言われたの。ずっと断り続けてたら、最後に『今日の下着は何色?』って聞いてきて、黙ってたらガチャ切りされた(怒)」

 で、何色だったの?

「(無視して)初チューは中1で相手は中3の先輩。『ピル』、『ピル』、『ピル』って連呼する人だったけど、チュ-以上はしてこなかったの」

 その手の童貞はソッとしておくのが一番だよ。

「初Hは高1の夏で相手は23歳の会社員。前戯するのも、されるのも嫌いなタイプだった。しかも体を見られるのもイヤみたいで、明るい所でセックスするのもスゴイ拒むの」

 ああ、その症状は軽いドラキュラですね、では、お大事に~。

「初フェラも私から『してあげる』って言ったの。全然ヤリ方とか教えてくれないから、自己流でパクっとくわえた。でも、そこから先どうすればいいのか分からず、途方に暮れちゃった…」

 残念ですが、カレは末期マグロで手遅れです、ハイ、次の方!

「高1の冬に26歳のフリーターと付き合った。このカレも手順通りの愛撫をさっさとこなして、すぐ入れてすぐ出ちゃう感じ。でもHの時に言葉攻めじゃない、やさしい声を掛けてくれる人だった」

“いいんだよ、もう終わったことさ。そこのティッシュ取ってくれる?”系のこと?

「違う、普通に『気持ちいい?』とか、『痛くない?』とか! テクは全然ダメで早漏だったけど、気分的にはすごいキモチよかった」

 ケッ、単なる早漏の悪あがき、往生しなっせ!

「高1の終わりに付き合った、36歳の解体屋さんはデカチンでH上手。初めてちゃんとした前戯をしてくれた人。仕事柄、青姦の場所もよく知ってる大人の男性だったなあ」

 けなげなエエ娘じゃの~。

「土砂置き場の影で制服をまくり上げて、立ちバック。転んだら土砂まみれだと思うと、Hに集中できなくてあんまりキモチ良くなかった」

 つらくない? 周りの友達は男に“クンニ3時間しろ”、“おい、49手目を考えろ”とわがまま言い放題なのに、自分だけ土砂置き場で…。

「でもカレ、ピンクローターをプレゼントしてくれたよ。カレの友達が奥さんの為にHセットを買ったんだけど、『足を縛るヒモしかいらない』って奥さんが言ったみたいで、余っちゃったローターを貰ってきてくれたの」

 もう逃げよ、そんな性活から一緒に逃げ出そう!

「次は高2の冬にタメのホテルマンと付き合った。地元では『Hが上手で、アソコもデカイ』って女のコたちの、憧れの的の有名人」

 果してその正体は?

「かなり期待してたけど、動きがぎこちないというか年相応なセックス…。チ●コも大したことなかった。カレがかわいそうだから、友達には本当の姿を言わなかったけど…」

 今、全国に告知しちゃったけどね、テヘ。

「すぐに21歳のプー太郎と付き合った。AV男優みたいな男で、射精のコントロールが自由自在な美チンの持ち主。3時間って言えば3時間、3分って言えば3分で出せるの。いつも私が『そろそろ来て』ってお願いすると、『服部(←カレの名前)、イキます!』ってすぐ発射してくれた」

 フッ、ボウヤだからさ…。

「次の男が最悪だった。19歳のプー太郎で、ホントにショボイHで触らない・動かない・チンコ5cm。ゴロンと寝てるだけだから、まずズボンのチャックを開けてあげて、フェラするの」

 5cm想い出、ポロポロ!

「しかもフェラしてる時に電話が掛かってくると普通に出るの。『おう、今、ヒマしてたよ~。え、キャンプ? 行く、行く』ってずっとしゃべってるの。私がフェラをやめようとすると、顔と手で『続けろよ』って命令」

 ちょっと男らしいね。

「そのまま、カレに跨って騎乗位。もちろんキスもオッパイもクンニもなし。だって電話してるから…。で、すぐに『いや、ホント、キャンプなら行くいくイク~』って出ちゃうの…」

 セックス中の電話はやめましょう!

 

 

*某誌で連載していたAV女優インタビューです(2005年)。伏字にしたAV女優さんの名前をどうしても知りたがり屋さんのエロい人は以下の『note』のノートか、マガジンへ急げ!

 

note.mu

 

 

note.mu