読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ひとりメディア』

ためになります!

『昔のAV女優インタビュー ~このAV女優さんは、だ~れ~だ?~ 第5回』

 ロリ巨乳、秋の陣。先陣を切るのはEカップの●●●●ちゃん(19)で~す!

「初オナニーは18のとき。相手は『愛の体験告白』とかいうレディコミでした。そこに載ってたオナニー体験告白は全部試しました。野菜オナニーがイ・チ・オ・シ」

 このベジタリアンめ~。どんな野菜とメイク・ラブしちゃったの?

「初野菜の相手はきゅうり。野菜オナニーは下ごしらえが肝心なんです。まず、きゅうりの痛そうなヘタを取る。次にアソコの中が傷つかないようにイボイボを塩もみ。仕上げは熱湯で農薬や雑菌、染みそうな塩を洗い流して完成。でも、きゅうりってすぐ折れちゃうんです…」

 きゅうりをヤリ捨てして、他の野菜に走ったんだな。カモン、奔放な野菜遍歴!

「次はナスでした。もうとにかくデカい。何度かチャレンジしたけど、痛くてムリ!」

 あら、野菜運がないこと。

「にんじんが運命の野菜です。ナスの教訓を踏まえて、ちょっと細めのにんじんの皮を厚めに剥いて、インしたら超サイコー。にんじんはいろいろ使える野菜ですよ」

 奥さ~ん、メモの用意はいいですか? 指、突っ込んでる場合じゃないですよ。

「にんじんは騎乗位ができる(笑)。硬いからそうそう折れない。先っちょだけアソコに入れて、少し高めにした枕の上ににんじんの底を置く。後はゆっくり腰を下ろして、グラインド!」

 もうにんじんさんったら、テクニシャン! しかも遅漏っていうか、イカないし。馬のエサにもなるし。ちなみにそんな野菜たちの末路は?

「もう食べるしかない(笑)。家族にバレちゃうから、とりあえず調理。でもアソコの中って酸性だから、野菜がシナシナになるんです。誤魔化すためににんじんはスープ。きゅうりとナスは色も変わるので漬け物に」

 一家団欒の食卓でお父さんが「おい、●●。このきゅうりの漬物、ちょっと酸性が強いなあ。ウ~ン、お代わり!」って感じ?

「…私だけ食べます。使用後のモノを家族に食べさせるのはちょっと背徳感が…」

 ねえ、そろそろ野菜以外のH相手も教えてよ。

「こんにゃくともしました。男の人はこんにゃくでオナニーするって聞いたので。調理用ハサミでチ●コの形に切って、人肌に温めてみたんですけど…柔らか過ぎて入りませんでした(泣)」

 だって、こんにゃくは基本的に女のコだもん。なかなかイイコだよ。●●●はこんにゃく娘となら3Pしたことも…って、オ~イ、ピープル相手のセックス、プリ~ズ!

「高3のときが一番のヤリ期で当時付き合った人たちも変態オンリーでした。まず27才の会社員が究極の匂いマニア。『パンティは3日間脱ぐな。靴下はめったに替えるな。靴は一生洗うな』って真顔で熱く語られました」

 果たして、そのパンティたちの運命や如何に。

「いつも会うなり、脱ぎたてのパンツをうれしそうにかぶってました、一番いい場所が鼻にあたるように。ひたすら匂いを嗅いだり、口の中でしゃぶったりしながら、『さあ、オレの顔を見ろ』って言いながら、オナニー。パンツで顔が見えないのに(笑)」

 その類のパンティ・ヒーローはどんなセックスを?

「セックスは求めてこない。私の体のあらゆるところを夢中で嗅ぎ回って、足の指と指の間をベロベロ舐めて『ウ~ン、テイスティ~』って(笑)。締めは2時間ぐらいスーハースーハーしながら、ズーッとクンニ」

 そいつ、麻薬犬かバター犬にヘッドハンティングされればいいのにね、後、保健所とか。お次の変態さんは?

「25才の会社員でM男。『ルーズソックスで腕と足を縛ってください。目隠し、口枷もお忘れなく』って、大きなカバンを手渡されて。中にはムチ、ロウソク、手錠、アナルバイブ等の小道具がゴロゴロしてました」

 随分アダルティなドラ●もんがいたもんだねえ。

「全部初めて見たから感動でした。最初は言われるままに縛って目隠して、ムチで叩いたり、ロウソクを垂らしたり、蹴っ飛ばしたりして遊んでました。でも、すぐ飽きちゃって。カレ、Mだから腰が振れなかったんですよ。騎乗位のみ。3ヶ月付き合ってHは2回だけでしたが」

 にんじん以下の男だね。っていうか、女子高生・●●ちゃん、全然いいHしてないじゃん。

「次の23歳のフリーターがS男。『レイプじゃないと勃たない』って、いつも強制フェラで半レイプ状態。最後は顔射か口内発射でした」

 ついに野菜を越える男の登場だ! ガンバレ、人間!

「私、学校があるのにカレの部屋に軟禁。首輪とリードをつけられて座敷犬状態でした。突然カレが全裸で料理を始めて、ワンちゃん用の食器にできたてのハンバーグを入れて『食えよ』って。アソコはギンギンでした」

 エロ・コックはよっぽど犬食い姿が見たかったんだね。

「でも、『カウパーが隠し味だよ』って言葉になんかカチンときて、『私は人間だよ。普通に食べさせてよ』ってキレたら、カレの勃起が速攻でシュンって(笑)」

 ノーグッド! ●●●は「SMは信頼関係が大事なの、ビシッ!」ってSMクラブで女王様に叱責されたよ。

「折檻とか痛いことはしない、いいS男だったのでちょっとかわいそうでした」

 ウ~ン、女心は複雑。

「でも別れたらいいS男から、キモいストーカーに大変身(笑)」

 ああ、変態やめますか、人間やめますか。とりあえず●●●はオナニーやめません、風俗やめません、SMクラブ大好き宣言!

 

*某誌で連載していたAV女優インタビューです(2004年)。伏字にしたAV女優さんの名前をどうしても知りたがり屋さんのエロい人は以下の『note』のノートか、マガジンへ急げ!

 

note.mu

 

 

note.mu