読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ひとりメディア』

ためになります!

『ネット副業11年目日記 「目指せ、アルファクラウドソーシング! クラウドワークス編 第4回」』

■「ネット副業11年目日記」 ■「クラウドワークス編」

【2016年3月7日(月)】

 いやいや、どうもどうも、ネット副業11年目の大ベテラン、小暮大上(https://twitter.com/jyuunen210yen)です。尚、ネット副業1年目~10年目につきましては、コチラ(http://kogureoo.exblog.jp/25272423/)をご覧ください。

 

 さて、現時点での『クラウドワークス』における戦績は、

 

●まだ結果発表待ち中の第1回(http://jyuunen210.hatenablog.com/entry/2016/03/01/113340

 

●まだ結果発表待ち中の第2回(http://jyuunen210.hatenablog.com/entry/2016/03/01/123245

 

●まだ結果発表待ち中の第3回http://jyuunen210.hatenablog.com/entry/2016/03/03/151330

 

 というハッキリしない感じですが気にせずに、『クラウドワークス』で4度目となる、こんなお仕事にチャレンジ・ジョイ!

 

 

■「クーリエ・ジャポン」新規コンテンツ(特集テーマ)アイデア募集!

ネーミング募集の仕事の依頼

 

仕事の概要

公開日 2016年03月07日
応募期限 2016年03月21日
仕事 ネーミング・アイデア » ネーミング募集
支払い方式 コンペ 契約金額 54,000円(後払い)
応募期限まで あと 14 採用確約 なし

提案画面へ

提案は何度でも可能です。早めに作品を提案し、修正依頼があった場合はこまめに対応していくことで
採用される可能性が高まります!

仕事の詳細

この度はご覧いただきありがとうございます。

COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)編集部です。

 

3月1日より私たち「クーリエ・ジャポン」は月刊誌から進化して、ウェブを主体とした会員制コンテンツサービスとなりました。
http://courrier.jp

 

クーリエ・ジャポンでは、月刊誌では月1回だった「特集」を毎週新たに設けて配信していきます。特集は、ひとつのテーマのもとに複数の記事で構成されています。つまり、1週間をかけて、特集テーマに関連する複数の記事を順次配信していくというわけです。



クーリエ・ジャポンは今後、より一層、読者・ユーザーの皆様の知的好奇心を満たすサービスとなるため、
「今までのクーリエ・ジャポンにはない特集」や「あったら読みたくなる特集」にどんどんチャレンジしたいと考えています。
そこで、「これまでのクーリエ・ジャポンになかった、新しい特集テーマ案」 をクラウドワーカーの皆様からコンペ形式で募集します。



【コンペ概要】

クーリエ・ジャポン」の特集テーマ案(テーマタイトル・テーマ要旨あわせて120文字以上)を募集します。

 

【ご提案例】

================================

特集テーマ/「世界の国別 フリーランスが生涯稼げるお金徹底比較」

テーマ要旨/ヨーロッパやアジア各国でフリーランス・個人事業主の平均賃金を比較し、どこの国が一番稼ぎやすいか、労働生産性が高いかを解説。また、フリーランスの労働状況を扱った海外記事を翻訳し、フリーランスがどのように仕事を得て、どう働いているか、生の情報を踏まえて記事化する。

================================
 

【報酬】 総額最大10万円

 ◎ グランプリ作品 賞金5万円 …1案

 ◎ 入選作品賞金1万円 …最大5案

*入選以上の作品には、クーリエ・ジャポン編集長が選評コメントをさせていただきます。

*グランプリ作品は実際に「クーリエ・ジャポン」の特集案としてコンテンツ化の可否を精査し、その結果をご報告します。コンテンツ化が可能な場合には、サービス内で提案者としてクレジットされます。

 

【募集数】

100案(※先着順)

 

【ご応募条件】

2016年3月7日(月)以降、クーリエ・ジャポン会員登録をお済ませの方

(2016年3月1日~31日は新規ユーザー様無料キャンペーン期間となっております。)

 

【ご応募締切】

2016年3月21日(月)23:59まで

 

クラウドワークスへのご提出物】
※ご自身以外には公開されませんのでご安心ください

以下の2点をセットでご提出ください。
① 特集テーマ案(テーマタイトル・テーマ要旨あわせて120文字以上)
クーリエ・ジャポン会員登録メールアドレス(承認作業時の確認用です。)

 

【コンペ選定においてクーリエ・ジャポンが重視するポイント】

・既存のクーリエ・ジャポンにはない特集テーマ案であること

クーリエ・ジャポンのコンセプトである「海外に強くなる」とマッチする特集テーマであること

・すでに他メディアで発表されている企画ではないこと

 

【ご応募までの流れ】

1.  会員ログイン後に、「MENBERS」のサブカテゴリのひとつである「FEATURES」へ進んでください。こちらが「特集」コーナーです。

2.  この「特集」コーナー内の記事をご覧いただき、お考えのテーマ提案内容と重複していないかどうかをお確かめください。※既存コンテンツと重複しないアイデアを集めたいため

3.  ご提案内容(テーマタイトル・テーマ要旨あわせて120文字以上)をおまとめください。

4.  以上のご提出物を、クラウドワークスへご投稿ください。

 

クラウドワーカーの皆様からのご応募を奮ってお待ちしております。

 

 

 ハイ、このお仕事に、こんな提案をしました!

 

 

「カミング・スーン!」

 

 

 とめずらしく秘密主義なのは、「・すでに他メディアで発表されている企画ではないこと」との文言があり、せっかくクーリエ・ジャポン用の提案を書いたのに、このブログのタイトルに『ひとりメディア』って書いてあるばっかりに、「思いっきり他メディアに該当してるじゃ~ん」と誤解されてもアレなので、当選発表があるまで、ダンマリ決め込みます!

 

 尚、提案は先着100案までで、なんと4番目に提案を提出! 第1関門、余裕でクリア!

 

 さあ、みんなが気になる、お仕事ゲットできたかどうか情報につきましては、随時ココで発表会しますので、乞うご期待!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 ココで、アルファクラウドソーシング速報第1弾(2016年3月29日(火)0時過ぎ)をお送りします。
クラウドワークス』から先程、こんな連絡がきてました!

 

 

クラウドワークス運営サポートチームでございます。

ご提案いただいたコンペ「「クーリエ・ジャポン」新規コンテンツ(特集テーマ)アイデア募集!」の募集期間が終了しました。

【今後のコンペの流れ】
1)提案する
2)募集期間が終了する  <------《現在の状態》
3)クライアントが選定する(最大14日間)
4)採用作品が決定される
5)報酬を受け取る

この後、クライアント(発注者)が作品の選定を行います。
最大14日間の選定期間に採用作品が決定されます。
※クライアントからの修正依頼があった場合には、
選定期間内に再度修正された提案を行っていただくことが可能です。

もし採用作品が決定されない場合には、提案者の皆様に報酬が分配されます。
採用決定までもう少々お待ちください。」

 

 ふむふむ、募集が締切られたから、2016年4月12日(火)までに結果発表がある、とな。
 
 
 最終的にライバルは333人、「◎グランプリ作品 賞金5万円…1案、
◎入選作品賞金1万円…最大5案」と狭き門!
 
 そういや、この仕事、途中で締切が伸びたり、先着100名様が先着何名様でも可になったりとグダグダじゃなくて、アグレッシブでしたね。
 
 
 ハイ、アルファクラウドソーシング速報第1弾(2016年3月29日(火)0時過ぎ)は以上です!
 じゃあ、また続報が入り次第、ココでお会いしましょう! 
 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 ココで、アルファクラウドソーシング速報第2弾(2016年4月14日(木)11時頃)をお送りします。
クラウドワークス』から昨晩、こんな連絡がきてました!
 
 
クラウドワークス運営サポートチームでございます。

ご提案いただいたコンペ「「クーリエ・ジャポン」新規コンテンツ(特集テーマ)アイデア募集!」の採用作品が決定しました。
今回は残念ながら小暮大上様の提案は採用されませんでした。
引き続き、別のコンペにもぜひ提案してみてください!

応募者全員へのお礼・コメント

数多くの応募をいただき、編集部一同、感激しながら目を通させていただきました。
「いいアイディアだけど選に漏れた」企画は、ほとんどすべてが「Webのクーリエ・ジャポンには掲載していないけれど、以前刊行していた月刊誌のクーリエ・ジャポンで掲載したもの」でした。
これは本当にありがたいことです。Webをご覧いただいた皆様が、これまで私たちが月刊誌で発信し続けてきた価値と「同じもの」を感じ取ってくれた。その証拠でもあるわけですから。
今後、月刊誌のクーリエ・ジャポン(まだバックナンバーはオンライン書店などで入手できますので、チェックしてみてください)に掲載された人気記事も、順次Webに格納していく予定です。そのなかには、皆様にリクエストされたアイディアも多く入っているはずです。どうか楽しみにご覧いただければ幸いです。

総評:井上威朗(クーリエ・ジャポン編集長)

※このコンペは「会員限定公開(+提案非公開)オプション」が設定されていますので、採用作品をご覧いただくことはできません。」

 

 とのことでして、まあ、わざわざ「採用された作品を確認する」までもなく、落選確実が決定しているわけですが、ま、気を取り直して、話のタネというか、今後のために一応、「採用された作品を確認する」してみましょうか、ってのもすら「※このコンペは「会員限定公開(+提案非公開)オプション」が設定されていますので、採用作品をご覧いただくことはできません。」でデキねえし!

 

 と思っていたら、『クラウドワークス』から続けざまに、こんな連絡がきてました!

 

クラウドワークス運営サポートチームでございます。

「「クーリエ・ジャポン」新規コンテンツ(特集テーマ)アイデア募集!」の詳細に追記がありました。

■コンペ参加のお礼と結果発表■

総評:井上威朗(クーリエ・ジャポン編集長)

数多くの応募をいただき、編集部一同、感激しながら目を通させていただきました。
「いいアイディアだけど選に漏れた」企画は、ほとんどすべてが「Webのクーリエ・ジャポンには掲載していないけれど、以前刊行していた月刊誌のクーリエ・ジャポンで掲載したもの」でした。
これは本当にありがたいことです。Webをご覧いただいた皆様が、これまで私たちが月刊誌で発信し続けてきた価値と「同じもの」を感じ取ってくれた。その証拠でもあるわけですから。

今後、月刊誌のクーリエ・ジャポン(まだバックナンバーはオンライン書店などで入手できますので、チェックしてみてください)に掲載された人気記事も、順次Webに格納していく予定です。そのなかには、皆様にリクエストされたアイディアも多く入っているはずです。どうか楽しみにご覧いただければ幸いです。

最優秀賞:No.77 ワインに負けてられない! 進化し続ける「ビール」

10年間、雑誌「クーリエ・ジャポン」は刊行されてきたわけですが、その間に一度も「お酒」を前面に出した第一特集は試みたことがありませんでした。まさに虚を突かれた思いです。また、提案内容において、「有名マイクロブルワリー創始者のインタビュー記事」など、編集部が翻訳すべき記事の方向性も、具体的かつ現実的に示されていました。私たちがどんなメディアなのかよく理解されているようで、嬉しかったです。本当に海外でこうした記事が見つかるなら、ビールのおいしい夏が訪れるまでに展開いたします。


優秀賞:3案
No.299 洗脳の恐怖
No.215 普通の日本人は世界で通用するのか
No.180 「日本の地方」が「世界の地方」から学ぶこと
※コメントは当選者個人にフィードバックをさせていただきます。」

 

 というわけで、俺のかわいい…あ、ちなみに、今回の俺の提案は上記で、

 

「「カミング・スーン!」 

 とめずらしく秘密主義なのは、「・すでに他メディアで発表されている企画ではないこと」との文言があり、せっかくクーリエ・ジャポン用の提案を書いたのに、このブログのタイトルに『ひとりメディア』って書いてあるばっかりに、「思いっきり他メディアに該当してるじゃ~ん」と誤解されてもアレなので、当選発表があるまで、ダンマリ決め込みます!」

 

 としてましたが、もう関係ないので落選記念リリース!

 
「『日本人に見せたい、私の国の一枚』
 はじめまして、小暮大上と申します。


① 特集テーマ案(テーマタイトル・テーマ要旨あわせて120文字以上)
■テーマ要旨/
 もし私が「外国人に見せたい、日本の一枚」を選ぶとしたら、きっと「京都・奈良、富士山、スシ、ゲイシャ、アキハバラ」などの分かりやすい「日本の一枚」は選ばないと思います。

 ●●出身の私だったら、「●●●岳のロープーウェイから眼下に見下ろす●●●温泉郷の絶景」の写真を、日本にはこんな素敵なところもありますよって気持ちをこめて、ガイドブックには載らない日本の新しい1面を紹介できるような「日本の一枚」を選びたい。

 同じように、もし「カンボジアの一枚」だったら、ありふれたアンコールワットの写真じゃない、カンボジア人しか知らない、日本人が今まで知らなかったような写真が見てみたい。そうすれば、少しは「カンボジアに強くなる」ことができる、かも。

 かような趣旨で、「10ヶ国、各国1人が選んだ私の国の一枚」特集を見てみたいです。

 もちろん特集じゃなくても、連載コラムなどで、毎回1国1人が選ぶ「私の国の一枚」でも、今回はどこの国の一枚だろうと楽しみになるかと思います。
 そういう一枚ならば、素人がスマホで撮ってツイッターにアップした感じの写真でもいい、逆にリアル感があっていい気もします。

 正直、今、どこの国でも有名どころの写真ならば、ガイドブックや、ネット検索で簡単に見ることができます。
 だからこそ、『クーリエ・ジャポン』でしか見られない、特別な一枚が見たいし、貴重な価値が出るのではと、ふと気づくと生意気ばっかでなんかすいませんが、そこをなんとか!


クーリエ・ジャポン会員登録メールアドレス(承認作業時の確認用です。)
●●●@●●●


 以上です。
 それでは、ご検討の程、何卒宜しくお願い致します。」

 

 あ、ちなみに、なぜだか提案するのに、クーリエ・ジャポン会員登録が必須条件でした。

 まあ、3月中ならば無料会員登録できるとのことでしたが、募集期間が2回ほど延期されて、結果発表は4月になってからとセコイ手口でしたので、セコ返しで3月末にちゃんとクーリエ・ジャポン会員を脱会しておきました! ふぅ~、あやうくうまいこと洗脳されちゃうとこだったぜ!

 だってねえ~、正直、金出してまで読みたくないというか、てか、無料期間の3月ですら1行も読んでないというか、既に他にいろいろ読みたいのは順番待ちの目白押し状態だから割り込む余地なんかないというか、などなどなんですよ!

 

 ああ、ハイハイ、後出しジャンケン後出しジャンケン、言い訳言い訳、負け惜しみ負け惜しみ。

 う~ん、じゃあ、今後はビールで勝負だ!
 
 
 尚、ライバルは最終的に333人、「◎グランプリ作品 賞金5万円…1案、
◎入選作品賞金1万円…最大5案で結局、3案」と狭き門でした。選に漏れたその他大勢の負け犬人329人と一緒に生傷でも舐めあいます、ペロペロテヘペロ!
 
 てか、333人もいれば、3月末にちゃんとクーリエ・ジャポン会員を脱会し忘れた、おマヌケさんが続出したはず!
 
 今回の賞金が計8万円で、クーリエ・ジャポンの会員費は税別980円(税込1,058円)だから、333人中80人が3月末に脱会し忘れていたら、会員費8万円ゲットで今回の賞金とトントン計画じゃん! ソチもワルよのう~。
 
 ハイ、という感じで、アルファクラウドソーシング速報第2弾(2016年4月14日(木)11時頃)&『クラウドワークス編 第4回』(現時点で、『クラウドワークス』にて、累計10,932円ゲット!)も、以上です!
 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 尚、以下が『クラウドワークス』の私のアカウントです。お気軽にお仕事をご依頼ください。 

crowdworks.jp